1. 八光建設株式会社 >
  2. その他工事(外構・土木など)に関する記事一覧 >
  3. 敷地境界線とは

敷地境界線とは

「敷地境界線」とは、隣接する土地の境界線である「隣地境界線」と、私有地と道路の境界線である「道路境界線」の総称を指します。
現在、こちらの敷地境界線が曖昧となっているケースが少なくありません。
原因としては、「相続等で古くから土地を所有しており、隣地の所有者と境界の確認をしたことが一度もない」、「当初は境界標があったものの、工事によって埋没してしまった」などの原因が挙げられます。
敷地境界線を明確にするためには、土地家屋調査士が正確な測量を行い、隣地所有者の立ち会いのもとで境界を確定させた後、境界確認書を作成する必要がございます。

なお、敷地境界線を明確にすることで、多くのメリットが得られます。
こちらでは、敷地境界線を明確にするメリットを、3点ご紹介いたします。

①隣人とのトラブル回避
まず、隣人とのトラブルを回避できることがメリットとして挙げられます。
敷地境界線が明確に定まっていない場合、「ブロック塀や花壇などが境界をはみ出してしまう」といったトラブルが生じる場合もございます。
敷地境界線を明確にしておくことで、隣人との間で発生するトラブルを回避できることはもちろん、将来的に売却や相続によって隣地の所有者が変わった際のトラブル防止にも繋がるのです。

②不動産売却をスムーズに進められる
次に、所有する土地の売却をスムーズに進められることもメリットとして挙げられます。
不動産売買において、敷地境界線が確定して初めて敷地面積を算出できることから、土地の売買価格に影響を与えることになります。
また、買主側にとっても、隣地とのトラブルや越境物の心配などを全てチェックし、問題がないと判明すれば、安心して手続きを進めることが可能となります。

③相続時の分筆登記・物納手続きが可能となる
その次に、相続時に分筆登記や物納手続きが可能となることもメリットとして挙げられます。
相続が発生した場合、遺産分割協議で遺産を分割した後に、土地を分筆することで各相続人に配分したり、売却することで代金を配分したりします。
そして、土地の分筆登記や売却を行う際には、土地の敷地境界線を明確にしなければなりません。
また、相続財産に現金が少なく、相続税を土地などの不動産で物納する場合も、境界確定が済んでいることが条件となります。

八光建設株式会社は、八王子市・相模原市・町田市・稲城市・多摩市・日野市にお住いの皆様を中心に、遠方からのご相談も承っております。
住宅解体や設備解体、マンションの立体駐車場の解体や、外構工事などその他の工事でお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

会社情報

会社名 八光建設株式会社
代表取締役 八木 光明
営業所 〒192-0041 東京都八王子市中野上町1-18-17
電話番号 042-634-9175
FAX 042-634-9176
受付時間 8:30 - 17:30 (日・祝日除く)
定休日 日曜・祝日

ページトップへ