1. 八光建設株式会社 >
  2. 住宅解体に関する記事一覧 >
  3. スケルトン解体とは?工事の流れやメリット・デメリットなど

スケルトン解体とは?工事の流れやメリット・デメリットなど

マンションや建物の解体工事を依頼する際には「スケルトン解体」が必要になってきます。スケルトン工事=スケルトン解体と考えていただいて問題ありません。
今回はスケルトン解体の工事の流れやメリット・デメリットについて説明します。

1.スケルトン解体とは
スケルトン解体とは建物の構造体(骨組み)だけを残してそれ以外の全てを解体する工事のことです。内装が全て取り払われ、骨組みの状態になるため、「スケルトン工事」とも呼ばれます。スケルトン工事は内装から設備などを全て新しく取り替える予定があるときにおすすめです。壁、天井、床を解体・撤去するだけではなく、配管やエアコンなどの設備も入居時の状態にするのがスケルトン工事です。

2.スケルトン解体の工事の流れ
スケルトン解体の工事の流れを簡潔に説明します。

①足場や養生の設置
一般的な建物解体工事と同様に足場や養生の設置をします。

②内装材の撤去
電気、ガラス、ドアや壁紙といった内装材を撤去します。

③床材の撤去
床材の種類によって使われているのりや接着剤が異なるので、柔軟に対応する必要があります。床材を撤去すると地面が凸凹した状態になる場合は平面にする作業を行います。

④産業廃棄物の処理
解体によって生じたごみや廃棄物を不法投棄すると、罰せられるので注意が必要です。産業廃棄物処理法の規定に従って適切に処分を行う必要があります。

3.スケルトン解体のメリット
・建物の構造や現状を把握しやすくなる。
・解体後の内装のデザイン、レイアウトを自由に設計できる。
・損害賠償に発展する設備のトラブルが起こりにくい。

4.スケルトン解体のデメリット
・内装から設備を全て新しく取り替えるため初期費用が高くなる。
・建物の補強や補修費用が発生する可能性がある。

「解体工事」に関してご相談やお困りのことがございましたらお気軽に八光建設株式会社までご相談ください。

八光建設株式会社では、東京都八王子市を中心に、相模原市、町田市、日野市、多摩市、稲城市など、さまざまな市区町村での解体工事に対応しております。東京都・神奈川県・埼玉県の広域にわたって住宅解体のお手伝いをさせていただきます。
その他工事として「駐車場スペース」、「玄関アプローチ」、「門柱・門まわり」、「ブロック塀・囲い」、「目隠しフェンス・外周フェンス」なども行っておりますのでお困りの際はお気軽にご相談ください。

会社情報

会社名 八光建設株式会社
代表取締役 八木 光明
営業所 〒192-0041 東京都八王子市中野上町1-18-17
電話番号 042-634-9175
FAX 042-634-9176
受付時間 8:30 - 17:30 (日・祝日除く)
定休日 日曜・祝日

ページトップへ