1. 八光建設株式会社 >
  2. 住宅解体に関する記事一覧 >
  3. 一軒家の解体工事にかかる期間

一軒家の解体工事にかかる期間

建物の解体工事にかかる期間は、構造や面積によって異なります。
一般的な一軒家の場合、木造であれば3〜10日、鉄骨造であれば10〜20日、鉄筋コンクリート造であれば2週間以上が目安となります。

ただし、解体に要する期間としては、2カ月程度を想定することが望ましいです。
工事自体は2週間程度で終わる場合であっても、解体業者を探す、家の片付け、着工前の手続きなどが必要であることから、最終的な整地が終了するまでに2か月程度要することを想定するべきなのです。
また、解体の最中に天候の悪化や地中埋設物の発見、近隣トラブルの発生などが原因で工期が遅延するというケースも存在しており、2か月以上の期間を要する場合もございます。

解体工事は、基本的に解体業者の主導で進められるものの、施主自身が関与する必要がある工程もございます。
以下では、解体工事の流れをご紹介いたします。

①工事内容の確認
まず、解体業者と施主で工事内容の確認を行います。
解体業者から見積書や契約書の提示を受け、具体的にどのような工事を行うか確認します。
この際には、複数の業者に見積もりを依頼することで提示された公示価格が適正であるか確認をしたり、コミュニケーションを図ることで疑問点を解消したりすることが必要です。
そして、契約を結んだ場合には、原則としてそちらの内容を基にして解体工事が進められます。

②近隣住民への挨拶
工事内容の確認を終えたら、近隣住民の方々への挨拶を行います。
解体工事を行う際には、騒音や振動、道路の使用、粉塵の飛散など、近隣の住民の方々へご迷惑をおかけしてしまいます。
トラブルを回避するためにも事前に挨拶をし、工事を行う期間や時間帯、曜日などを丁寧に説明することで理解を得る必要があります。

③解体工事
近隣住民の方々への挨拶を済ませたら、いよいよ本格的に解体工事が開始されます。
まず、門や柵などの建物を囲む外構を解体し、足場や養生を設置します。
次に、屋根やガラス・内装材を撤去し、柱などの構造体を撤去します。
そして、建物本体を解体し、基礎を掘り起こして解体工事が完了します。

④整地・清掃
解体工事の終了後、土地の整地・清掃を行います。
前段階として木材の破片などを撤去した後、でこぼこの状態になった土地を整地します。
整地の完了後、土地や道路の清掃を行い、排出されたゴミや汚れを綺麗にします。

そして、工事の完了後に近隣の住民へ再び挨拶を行うことで、全ての工程が終了します。

八光建設株式会社は、八王子市・相模原市・町田市・稲城市・多摩市・日野市にお住いの皆様を中心に、遠方からのご相談も承っております。
住宅解体や設備解体、マンションの立体駐車場の解体や、外構工事などその他の工事でお困りの方はどうぞお気軽にご相談ください。
お待ちしております。

会社情報

会社名 八光建設株式会社
代表取締役 八木 光明
営業所 〒192-0041 東京都八王子市中野上町1-18-17
電話番号 042-634-9175
FAX 042-634-9176
受付時間 8:30 - 17:30 (日・祝日除く)
定休日 日曜・祝日

ページトップへ