1. 八光建設株式会社 >
  2. 住宅解体に関する記事一覧 >
  3. 解体工事を行える時間帯はいつ?トラブル予防策も併せて解説

解体工事を行える時間帯はいつ?トラブル予防策も併せて解説

解体工事は振動や騒音が周りに響き渡ります。解体工事の騒音が原因でご近所さんとトラブルになるケースも珍しくありません。万が一、夜中に解体工事をするとご近所さんからは騒音の苦情が入るでしょう。そのため、実は解体工事の出来る時間帯は法律によって決められています。
今回は解体工事を行える時間帯とトラブル予防策も併せて説明します。

解体工事で発生する振動や騒音に関わる代表的な法律として、

①振動規制法
②騒音規制法

があります。どちらも国民の健康の保護を目的としている法律です。騒音規制法によると、住宅地・商業地と工業地帯でそれぞれ解体工事ができる時間帯が異なります。

・住宅地や商業地
第1号区域とも呼ばれます。午前7時~午後7時までの間で最大10時間の作業時間と決められています。また、連続6日が限度となっています。つまり、7日連続で解体工事を行うことができません。これに伴い、多くの業者は平日の午前8時~午後5を工事時間と設定しています。通勤通学の時間帯は通行人が多くなるため、安全を考慮して通勤通学の時間帯を避ける業者がほとんどです。

・工業地帯
第2号区域とも呼ばれます。午前6時~午後10時までの間で最大14時間の作業時間と決められています。また、連続6日が限度となっています。第1号区域と比べると通行人が少ないため、作業時間が多くなっています。

では、解体工事における騒音トラブルを予防するには、どのような点に留意すべきでしょうか。
日中に解体工事を行っても騒音が気になる人もいるかと思います。ご近所さんとのトラブルを防ぐために、解体業者は養生シートを利用して音を防いでもらう努力をしてもらいましょう。また、何の告知もなしにいきなり工事を始めるとご近所さんとトラブルになる可能性があるので、解体工事を行う前にご近所さんに解体工事をするという挨拶をしておくことが最も大切です。

「解体工事」に関してご相談やお困りのことがございましたらお気軽に八光建設株式会社までご相談ください。

八光建設株式会社では、東京都八王子市を中心に、相模原市、町田市、日野市、多摩市、稲城市など、さまざまな市区町村での解体工事に対応しております。東京都・神奈川県・埼玉県の広域にわたって住宅解体のお手伝いをさせていただきます。
その他工事として「駐車場スペース」、「玄関アプローチ」、「門柱・門まわり」、「ブロック塀・囲い」、「目隠しフェンス・外周フェンス」なども行っておりますのでお困りの際はお気軽にご相談ください。

会社情報

会社名 八光建設株式会社
代表取締役 八木 光明
営業所 〒192-0041 東京都八王子市中野上町1-18-17
電話番号 042-634-9175
FAX 042-634-9176
受付時間 8:30 - 17:30 (日・祝日除く)
定休日 日曜・祝日

ページトップへ