1. 八光建設株式会社 >
  2. 住宅解体に関する記事一覧 >
  3. 鉄鋼建築物の解体施工の流れ

鉄鋼建築物の解体施工の流れ

鉄鋼建築物には鋼材が使用されています。

鉄鋼建築物の解体施工工事の場合は、鋼材そのものが木材よりも頑丈であり、強度をアップするために鋼材が多く使用されているため、時間と手間がそれなりにかかります。
そのため、鉄鋼建築物の解体費用は、一般的に木造の解体施工工事に比べて高くなります。

鉄鋼建築物の解体施工事の手順としては、次のようになります。
全体の建物を養生シートで囲った後、まず内装材の解体工事を手作業で行います。
また、アスベストが含まれている建材がある場合は、内装材を解体する際に取り除きます。
建物が鉄骨のみであれば、重機を使用して解体します。
この際、ガス切断工法や鉄骨切断カッター工法などの工法があり、状況に応じて行います。
建物の解体が終わると、次に基礎を撤去します。
基礎を撤去する際にも、重機を使用します。
撤去した後に残るガレキなども撤去し、整地が終わると、鉄鋼建築物の解体施工工事が無事に完了します。

会社情報

会社名 八光建設株式会社
代表取締役 八木 光明
営業所 〒192-0041 東京都八王子市中野上町1-18-17
電話番号 042-634-9175
FAX 042-634-9176
受付時間 8:30 - 17:30 (日・祝日除く)
定休日 日曜・祝日

ページトップへ